« あこがれのベース、BB-5000Aを手に入れた | トップページ | ものづくりの基礎 »

2014/04/14

企画物カフェ

Img_1230

バンドでのキーボードさんの音入れの後、ちょっと時間が出来たので、子供たちを秋葉原のガンダムカフェに連れていく。 まあ以前のポストの通り、特に長男の方がガンダムへの思い入れがハンパないので(苦笑) ところが、これが入口に行列ができるほど並んでいるほどの人気。 あらま、すごいのね。 仕方ないのでお土産屋で「モビルスウィーツ」とやらを買い(笑)、量販店で「ガンプラ買ってあげるから好きなの選びな(もちろん値段上限あり)」、と言うと長男は殊勝にも自分のお小遣いで買うからいいと辞退をし、次男が持ってきたのは・・・ポケモンだった。 で、その長男は帰ってからえらく後悔したらしい。 もう買わないもんねー(笑)。 だからチャンスは確実にものにしなきゃダメなんだって。 ガンダムカフェが一杯だったので、有楽町まで足を伸ばして鉄道カフェとやらに 以前、東京新聞で取り上げられていたので行ってみたかったのだ。 場所はビックカメラの向かい側のビルに1Fにある。 センターにデーンとレイアウトがあって、それを囲むようにテーブルがある。 日曜ということもあって家族連れも多い。 普通に見ればそこそこの出来だと思うのだけど、目が肥え過ぎているせいかうちら家族には残念ながらいまひとつ。 つうか次男はケーキ食べたらすぐに帰りたいといいだすし・・・。 外周を高架線が囲んでいる内側に街の作りこみがあるので、非常に見難い状況なのだ。 つまり子供には一番手前の線路しか見えないみたい。 外側を地上線にして、内側に向かってせりあがるような作りにすれば、もっとダイナミックでしかも見やすくなると思うんだけどね。 向かい側の席の子供はとても喜んでいたので、悪いわけじゃないでしょう。 まあ、今までいいレイアウトを見過ぎなんでしょうな(^^;。

| |

« あこがれのベース、BB-5000Aを手に入れた | トップページ | ものづくりの基礎 »