« 6月6日は雨ザーザー降ってきて… | トップページ | T-3ヴァナゴン、リフォーム大作戦(その1) »

2009/06/13

パソコンがああ・・・Black out・・・そしてネットブックへ

20090613a

今月はもう壊れまくって壊れまくって。

このBlogをはじめとして、数々の原稿を書いて(打って)きたノートパソコンが、ある日突然まったく画面がつかなくなった。

 

??

 

明るいところでよーく画面を見ると、とりあえず起動はしているらしい。

WEBで調べて見ると、バックライトかインバーターがダメになったときの症状で、ノートパソコンにはよくある症状だという。

よくある症状・・・というのだが、極普通にメーカーで修理なぞしようものなら、結構な値段になってしまうらしい。

修理より買い替え。エコポイント、笑。

 

このパソコンは中古で購入した。

そのときは棚の上下で見た感じも値段も同じ状態で並んでいたものだ。

うーん、どっちがいいだろう…、とさんざ悩んだ末に選んだ方がこの体たらく。

どうも「どっちがいい?」と選択を迫られたときに、×な方を手にしてしまうことが多いように思う・・・。

 

WEBで探しまくって、秋葉原に安く修理をしてくれる店があるというので持ち込んだ。

 

通常なら数日で直るというのだが、僕の使っているT-2(ワーゲンじゃないよ)はもう型が古く、部品を取り寄せなくてはならないので1週間待って欲しいという。

その間もバックライトは大丈夫、インバーターがダメだけど、それだけじゃないみたい、と何度か電話でのやりとりがあったのだけど(これはちょっと感心した。いちいちどこまで修理が必要となりそうか確認の電話を入れてくれるのだ)、結局、液晶に電圧をかける回路そのものがダメになってしまっているということで、いわゆる基本料金じゃ直らないことがわかった。

 

「これと同じ中古買ってハードディスク載せ替えた方がいいです」と店員に言われた。

 

マジですか。でもそれじゃまた液晶ダメになる日も近いんじゃないすか。値段を聞くと、最近流行のネットブックも買えそうな値段だ。壊れたレッツノートT-2を受け取り、直せない場合の分解調査料3,150円也を支払った。

 

そして致し方なく格安ネットブックを物色する。流石に中古は選びません。もう完全に消耗品だよね、これ。自分自身はそのつもりがなくても、そういう環境になっているのだもの。

 

新しく手に入れたのは、TOSHIBA NB100。理由は新しい型式が出て値段がどっと下がったから。某ショップで34,500円だったのだ。中古で買ったノートPCの半額だし。

 

で、こうしてようやく原稿も書けるようになったのだけど・・・まずとにかくキーが小さい!いや当たり前だろうと言われればそれまでなのだけど、指が太すぎるのかタッチが早すぎるのか、認識しないことがままあるのだ。

 

慣れるまでに少々ストレスがたまりそう。

 

しかしもうこれ以上何か壊れないだろうなあ・・・。

| |

« 6月6日は雨ザーザー降ってきて… | トップページ | T-3ヴァナゴン、リフォーム大作戦(その1) »