« T-3、ディストリビューターを交換する>移転しました | トップページ | カブトムシ生きていた! »

2009/01/20

ポジからデジタルへ

20090120a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログ全体は以下に移転しています。
https://atsushi.canoeworld.net/works-etc/clubt3/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「千と千尋」の釜爺の後ろに控える薬箱よろしく、大量のポジを分類、保管するために購入したチェストが机の横にデンと置かれている。・・・大掃除の対象外の我が部屋(苦笑)。いかんせん狭すぎ。

この正月までに片付けようと思っていたこと。

部屋の多くのスペースを占めていたポジを再度セレクトして、今後も使用する、もしくは思い出深いものだけを残し、専用の保管箱に移すという作業。

ほんの数年前は300万画素程度、カラー印刷に使うなんてまだ先なんて言っていたのに、雑誌/印刷業界もあっと言う間にデジタル化されて、原稿の入稿と同じような感覚で画像のやり取りを行うようになった昨今。

最大の理由が費用及び時間的なコストの大幅な削減。小さいところほどデジタル化は速いものだ、ということ。

舵社での「シーカヤックで海を遊ぼう」はポジでもまったく問題なく使用してくれたが、それも今となっては稀有な例だろう。ある出版社からは「基本デジタルで」とも言われてるし。

印刷だけでなく、撮る方にとっても、36枚撮るのにフィルム+現像代で約2,000円もコストがかかり、しかも撮り直しが聞かない、撮影した直後に確認もできない媒体というのは結構プレッシャーでもある。でもこれもオヤジ達の昔話にしかならないんだろうなあ。

アフロフォトではデジタルのサンプルを持っていった後に、ポジを持っていったら、「やっぱりポジの色の乗り方は違いますねえ」と担当の方はおっしゃるけど、コストを考えたら、売れるかわからない写真をポジで撮り続けるのは至難の業である。

というわけで、前出、「シーカヤックで海を遊ぼう」で僕的には一つの区切りにもなったので、一度ポジを整理しておこうと思った。それをいつやるか時間を取れるはずの年末年始にやろうと取り掛かったけど、思ったほど進まない。「この写真懐かしいなあ」などと感傷に浸る間もなくセレクトしているっていうのに。さらに相当枚数処分したのに、チェストに移す前よりも全然増えていた。

2日かけてようやくほぼ半分。関西以南と海外のポジはもう正月明けだ。この他にもやらなくちゃと思っていたことが全然できておらず、スケジュールは既に破綻(苦笑)。

この話題のアップは120日になっちゃうけど、これを書いている今、1230日である。

| |

« T-3、ディストリビューターを交換する>移転しました | トップページ | カブトムシ生きていた! »