« キャメラも修理中・・・。 | トップページ | ハイパーミーティング(Hyper Meeting)、筑波サーキットに行ってきた。 »

2008/04/09

スロットカーのTV番組の収録に行ってきた。

20080409a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログ全体は以下に移転しています。
https://atsushi.canoeworld.net/works-etc/clubt3/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スロットカーも持っているザナビィZ。しかし我がガレージのTAKATA DOME NSXはホイールが外れ、インプレッサはウィングがすっとび、キングことスプリットウェザースは、ウィングはしょっちゅう外れるはタイヤとホイールも外れやすくなるわ、ここも満身創痍の車ばっか。でも新しい車を買い足すことにはちょっと躊躇しているのです・・・。

男の隠れ家ONLINEの「こだわりブログ」、さまざまなコンテンツが居並ぶ中、200845 23:20分時点のアクセスランキングで、なんと20位に入っていました。ありがとうございます。単一、しかも超マイナー車のBlogではありますが、何か共感してもらえるものがあるんだろうなあ、と勝手に思っています(笑)。

 

写真撮影禁止っつうことで、そのときの模様の写真は無いのです…。

スロットカーの番組といっても、BS11なんですけどね。しかも5分。でもあるだけスゴイ!と思ってしまう。

場所はいつものスロットカーズ・ヨコハマ

番組名は「スロットカーズGP」といい、BS11で毎週日曜の17:55から18:00まで放送されているそうなのだ。うちはBSなんて見られないんだけどね。

 

前回行ったときにちょうどエントリーを受け付けていたので、長男を「キッズレース」にエントリーさせ、自分は見学を決め込んでいた(どうせ一般はそれなりに力の入った人たちばかりだろうから、勝てるなんて思えなかったのだ)。

そして当日、会場で受付をしたら「親子部門に出ませんか?」と言われた。コースは富士スピードウェイでやるという。キッズ部門は何歳からでもいいし、一番簡単なコースでやるというので、急遽次男(3歳。最年少エントリーだ)をエントリーさせた。

そしてその親子部門、まず子どもが3分間走って、その後親にチェンジ、親が3分走るというルール。車は提供されるがコントローラーは自前でもOKらしい。もちろんマイ・コンなんて持っていないので、これもレンタル。

 

親子それぞれ2分ずつ走る練習走行では、長男が2位をキープしておきながら、僕がズルズルと順位を下げて4位になってしまった。上位2人は親子ともどもここの常連で相当走りこんでいるようだし、コントローラーも自前のものを使っていた。

「だからコーナーはこう走るの、こう」と息子にレクチャーを受けて望んだ決勝。

長男は3位の状態でチェンジとなった。うーむ、これはコケられん。

で、思わず思いきり無口になってしまう走行・・・(笑)。

そして終わってみれば、なんと2位に入ったのだ。2位である!

1回コースアウトするだけで致命的な遅れになるのだが、過去何度もコースアウトしたところでなんとノーミスだったのだ。

しかし商品は1位だけ。しかも店頭で15,000円くらいしていたもの。それなら1位の値段を落として、2位、3位にも回すとかして欲しかったなあ。カヤックのレースの話でも書いたけど、こういうレースは商品が多いほどいい雰囲気になるんだけどね。

ちなみにキッズ部門は、一番最初に30周したら勝ち、というルール。

そして次男の結果は26周で8位中5位。これもスゴイ。初めてのレースでビリじゃなかったというのもスゴイが、気の散りやすい次男が一回も脱線することなく26周も集中して走らせた、ということがスゴイのである。

4時間も会場にいて親の方は双方フラフラだったけど、まあ充分楽しめました。

| |

« キャメラも修理中・・・。 | トップページ | ハイパーミーティング(Hyper Meeting)、筑波サーキットに行ってきた。 »