« T-3、夏を過ぎたらオイル交換。>移転しました。 | トップページ | 安自転車でサーキットを走る。サイクルエンデューロに行ってきた(その1) »

2007/10/10

トトロの森がこんなに近かったなんて…。(八国山編)

20070930a

雑木林、ってこういうものを言うんだよなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログ全体は以下に移転しています。
https://atsushi.canoeworld.net/works-etc/clubt3/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この原稿を書いている時点で、Blogの方で未だに中国旅が終わっていないので、いったいいつそこにアップされるのかなんとも言えないけれど、台風9号が過ぎて夏に逆戻りしたようなある週末。

最近、新聞の地域版で報道される「トトロの森」の開発問題。結果業者は開発をあきらめたということになったが、東村山近辺は多くの雑木林や里山があることはあちこちで読んではいた。なかなか時間が取れない状況は変わりないけれど、少しずつでも訪ねていこうと思った。

そんな中、家の近くにあった見事な雑木林に手が入り、下草のほとんどが刈られてしまった。草の無い剥き出しの土になった林は、散策はしやすくなったけれども、クヌギの樹液が醸し出す独特のニオイも無くなってしまった。今年も昨年ほどではないけれど、カブトムシを採ることはできたというが、数は絶対少なくなっている。

なぜここに通すのかわからない道路工事や、駅前の再開発が急ピッチで進むこの街、10年、いや5年後にはもう以前の面影はほとんどなくなるだろう。かつての自分のホームタウン、練馬のように。

僕が家から自転車でカブトムシを採りに行けるという驚愕を覚えたのとは反対に、子供らは、昔ここでカブトムシが採れたんだ、と昔話をする羽目になるのかも知れない。

さて、今回行って見たのは西武園のすぐそばにある八国山緑地。となりのトトロで「七国山病院」のモデルとなったと言われている場所だ。地図では近くなようなので自転車で行って見る。次男は背負子で背負って行ってみることにした。

行きは自転車屋に寄ったり、買いものをしたり、さらに道を間違えたりして(なぜか自転車や歩きの場合、途端に方向音痴になってしまうのだ。そして道を間違えて緑地の北側に出た時に、カリビアングリーンのT-4ウェストファリアに遭遇ってことでワーゲンネタをねじ込む)、2時間近くかかってしまったが、元気ならば30分も走ればついてしまう距離だ。

 

20070930ab

まだ緑色のどんぐり。

東側より尾根道にアプローチ。ここは階段。そしてその尾根道はなだらかなダートが続いている。木々の木漏れ日、というには強烈な日差しだったが、もう少し涼しくなればさらに楽しむことができるだろう。しかし林の切れ目には、望遠レンズで覗いたように住宅地が2重、3重にと迫っていた。

 

20070930ac

尾根道が終わって見えてきたのは、なんと毎年西武園の花火大会を見ている駐車場。なるほど、こうつながっているのか。

 

20070930b

地元にも素晴らしい場所がたくさんあり、その寿命は非常に微妙な状況なようだ。

これからも機会をつくって足を踏み入れてみることにしよう。

たまには車を置いて、ペダルを踏んでみようと思った次第。

| |

« T-3、夏を過ぎたらオイル交換。>移転しました。 | トップページ | 安自転車でサーキットを走る。サイクルエンデューロに行ってきた(その1) »