« 「サンダイヤル」というビルダー>移転しました | トップページ | ブルーインパルスを見に行った。 »

2006/11/19

次回の達人のトランスポーターは…

20061119_1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログ全体は以下に移転しています。
https://atsushi.canoeworld.net/works-etc/clubt3/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、長男の通う小学校で音楽会があって、その帰り道。家のすぐ近くのそれこそローカルな道で所沢ナンバーの紺のカラベルに遭遇。ステッカーチューンのされたそれはサーファー仕様とでも言おうか。どうもこのあたり裏道でT-3と遭遇する率が高い(ということは結構周りにいるのかなあ)。

さて、前回の達トラの話がでたので、次号の話などを。

10月のある日、三陸宮古シーカヤックマラソン大会の取材に行って来ました。

普通はこれほど遠くに行くのなら、他の取材も絡めて他の場所も漕いでくるのですが、10月は演奏会の楽器練習の時間が欲しいので、ほとんど日帰り出張のような感じで行って来ました。レンタカー+新幹線「はやて」を使うと、宮古からでも5時間程度で帰って来てしまうんですね。いやビックリ。ちなみに埼玉から来た参加者は12時間かかったと言っていましたし、まあ僕のT-3ヴァナゴンなら言わずもがなでしょう(笑)。

そこでカヌーライフ誌連載の「達人のトランスポーター」も取材してしまいました。よく各地のイベントで見かけていたし、ウワサでは日本中を旅していると聞いていたのでとても気になっていたのですね。

多分今回のマラソン大会にも来ているだろうなあ、と思ったらやっぱりいました(笑)。

3月に決行したT-3ヴァナゴンによる家族での初めての長期旅行、四国旅(2006年5月1日の日記)でも見かけてました。「もしかして3月は四国にいました?」と次ぎ会ったら聞いてみようと思っていた質問をすると、「はい、いましたよ」という返事、うーむ、やはりそうだったか。日本のどこで会ってもおかしくないわけだ(笑)。

で、車はどうだったかというと、思った通り凄まじいまでの自作改造でとても興味深いものでした。昨年は1年のうちなんと200日をこの車と共に旅をしていたそうで、ほとんど原潜型トランスポーターです。

ヴァナゴン・ウェストファリアは収納設備自体がよく考えられているとともに、内装も完成されたデザインなので、ちょっといじりにくい感もあって参考にするのは難しいかとも思うのですが、トランスポーターをベースにいじっているお仕事車などありましたら、是非とも拝見してみたいところですね。

ただ大きい車を改造してユーティリティを上げるのはある意味当たり前なので、小さい車とか旧い車とか、予想外な改造をしているものを見てみたいと思う今日この頃です。

| |

« 「サンダイヤル」というビルダー>移転しました | トップページ | ブルーインパルスを見に行った。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次回の達人のトランスポーターは…:

« 「サンダイヤル」というビルダー>移転しました | トップページ | ブルーインパルスを見に行った。 »