« T3、外部シャワーを取り付け・・・たい。>移転しました | トップページ | T3、マイクロ論(ロン)者 >移転しました »

2005/10/28

T3、外部シャワー取り付けへの道は険しい…。

前々からやりたかったのはコレ、流しソーメン!
ようやく今年の夏のキャンプで実施。子供たちは(と大人たちも)大喜び。用意していた麺はあっという間になくなってしまいました(笑)。

流しソーメン用の水路を作るにあたって、どうしても竹を使いたかった。しかしソーメンを流せるだけの太い竹を、このあたりで手に入れることはまず不可能だ。HPで関連記事をつらつらと探していたら、東急ハンズで孟宗竹を買ってきて作った人の話しがあったが、ちょっとそこまでコストをかける気はしない。
「塩ビの雨どいを使ったら?」なんて言われたが、それは願い下げだ。

普通に見ればどうでもいいようなことに燃えてしまうような性格のようである。
DIYショップではドレンコックの部材を探すとの同じくして、水路に使える竹がないか探しまわった。そしてジョイフルホンダの店舗で、ピッタリの竹を発見したのだ。なんと最初から縦にふたつに割っており、しかもフシまで抜いてある。値段も安い。しかし歪んでいたり、かなり汚れていたりしたのもあったので、慎重に選んで買った。そして家で勾配が付くように足を取り付けて本番を待った。
ここに水を流すのに、車のタンクから導水しようと思った次第である。

というわけで、キャンプ当日、家の前で清水タンクに給水する。これから行くキャンプ場は、水場での給水は厳しそうだったからである。

ほぼ満タンになったところでドレン部分を見ると…、うーん、チロチロと水が漏れているではないか。

キャップとエルボー、エルボーとドレンの各継ぎ目から微妙に水が漏れている。ネジ径は合っているように思ったのだけれど、微妙に違うのかな。相当な水圧がかかっているようである。
出発の時間になってしまったので、炎天下、散水車のように行くのも車を冷やすのにいいのかも(そんなわけない・笑)と思いながら家を出た。もちろん、今まで通りポリタンクを積んで。

帰ってから漏れている部分にコーキング材を塗ろうと思ったのだが、L字の部分がドレンキャップの回転の邪魔をして外れない。

どうも完全に失敗のようである(苦笑)。違う方法を考えることにした。

| |

« T3、外部シャワーを取り付け・・・たい。>移転しました | トップページ | T3、マイクロ論(ロン)者 >移転しました »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T3、外部シャワー取り付けへの道は険しい…。:

« T3、外部シャワーを取り付け・・・たい。>移転しました | トップページ | T3、マイクロ論(ロン)者 >移転しました »